ペットのためのお部屋づくりと室内インテリア配置

室内環境・インテリア、まずは此処をチェック!

  • ペットが自由にしていい場所と、出入り禁止の場所を明確にする
    愛犬・愛猫が出入りを自由にしていい場所と、そうでない場所をキチンと飼い主さんが認識し、分けておくことは大切です。 人にとっては何の変哲のない家の部分でも、犬猫ペットにとってはそうでない場所もあります。 例えば、キッチンや階段、お風呂場など。キッチンには包丁や火気もありますし、生ゴミを捨てるゴミ箱もあります。階段は犬種によっては登り降りを避けたほうが良い場合も。 危険だから入ってほしくない場所があるなら、ペットゲート等を利用して、安全を確保。 市販のペットゲートのほか、人間の赤ちゃん用ゲートを使ったり、組み立て式サークルのパーツ等を利用して、自作の柵を作ってもOKです。
  • 部屋を片付け、危険物を遠ざける
    愛犬・愛猫が自由にしていいスペースには、余計なものを置かないのが基本です。。 犬にとって危険なものや、イタズラされては困るものは、犬の届かない場所に片付けましょう。誤飲や紛失を防ぐことができます 例えば、輪ゴムやクリップ、アクセサリーなどペットが飲み込みそうな小さな物や、タバコ、薬品、洗剤などの危険なものは別の部屋に移動するか、高い場所にしまっておくのがベストです。 また、犬や猫は人間よりも鼻口の位置が低い生き物ですから、部屋はこまめに掃除して清潔を保つのは大切。 動かせない家具や電気コードなどには、しつけ剤などを塗り、齧られないようにしておきましょう。 犬の目線まで腰を落として部屋の中の点検を。
  • ハウスとトイレの場所をキチンと決める
    愛犬・愛猫にも、ひとりになれる場所は大切です。 クレート・ハウスベッドは、そういったペットが落ち着ける専用スペースとなります。 クレート・ハウスは日当たり、風通しがよく、家族の目が行き届くリビングの壁際などが最適です。 人通りの多い入口近くや、エアコンの真下、直射日光の当たる場所などはオススメできません。 トイレの躾が完全に済むまでは、トイレはクレート・ハウスやベッドの近くに置いて、まず「排泄はトイレでするもの」ということを覚えさせる事が肝心。 トイレを完全に覚えたら、徐々にハウスから遠ざけ、最終的にはサニタリーなど水まわりに置けば臭いも気にならず掃除も楽です。
  • 安全な床材に変える
    板の間の床が滑りやすいと、足腰を痛めたり、骨格の正常な成長を妨げる原因にもなります。 一般のフローリングは表面がコーティングされていて滑りやすいので、滑り止めワックスをかけたり、部分的にカーペットコルクマットを敷くとよいでしょう。 また犬猫を飼われているなら、カーペットの形状に注意が必要です。 カーペットやマットの毛が、ループ状のものや毛足の長いカーペットは避けましょう。 そういったマット・カーペットは、犬や猫の爪をこまめにカットしても、ふとしたことで爪が引っかかります。 短毛のペット滑り止め用タイルマットカーペットやコルクマットなどクッション性のある素材がベストです。
  • 室内温度にも気をつける
    真夏の閉めきった部屋に、犬猫を残して出かけると、熱中症を発症することもあるので注意が必要です。 特に犬は口を開けて早く息をすることで体温調整をしており、人間のように体に発汗しませんから体温の調整が難しいもの。給水器でキチンと水分補給できる環境を用意してあげることが重要です。 室温の調整は、犬は28℃猫は30℃までを目安にしましょう。ご家庭によっては夏の日中エアコンをかけっぱなしというお家もあるかもしれませんが、節電窓シートなどを利用して上手に室内温度調節を! 身体を押し付けて体温を下げるような暑さ対策グッズの利用もおすすめです。

室内インテリアとペット用品の配置は?

ペットのためのお部屋づくり

観葉植物
植物の中には毒があるものがあります。とくにサトイモ科の観葉植物には、有毒な植物が多いため注意が必要。アイビーやポインセチア等は口に入れると中毒を起こす場合もあります。小さいものであれば、ペットが届かない棚の上などに移しましょう。
棚などの家具
浅いタイプの飾り棚等は、仔犬や猫が遊んで壊してしまうこともあります。手の届く高さには小物や壊れ物を置かないようにするのがベターです。
キッチン入り口
食べられては困る食材だけでなく、包丁など刃物や火をつかう台所スペース。犬猫ペットに危険が及びそうな場所への出入りをさせないよう、ペットゲートやフェンス、柵を設置しておくと安心。柵は木製よりも、かじってイタズラしにくい金属製がオススメです。
浴室の入り口
湯船にお湯を貯めているお家の場合、猫や小型犬がドアを開けて浴室に入り、浴槽に転落する事故が少なからずあります。浴室の前にペットゲートをつける/浴槽に蓋をする/扉はロックする/といった予防策をおすすめします。
スリッパ置き
とくにワンちゃんはスリッパ大好き!なコも多いはず。スリッパは玄関や部屋前に置きっぱなしにせず、高い場所に置くかフタ付きの置き場に仕舞いましょう。
ゴミ箱
基本的に齧られたり、ひっくり返されて困るものは、床に置かないようにしましょう。またはゴミ箱はペットの進入禁止スペース(柵向こう)に置くことも一つです。フタ付きのゴミ箱も検討してください。ただ蓋付きでも、上手に開けてしまうコもいるので注意が必要です。
テーブル
飲み物のカップやタバコの吸殻が入った灰皿、電池が入ったリモコンなどは、ひっくり返したり齧ってしまうと危険です。テーブルの上に登ろうとしたらキチンと「ダメ」と教え、しつけをしましょう。
コンセント・電気コード
かじると感電や漏電の事故に繋がることもあるので、コンセントにはコンセントカバー等をつけるのがオススメです。 電気コードは、犬猫の目線の高さにあるので、かじってしまう事が多いかもしれませんが、家具の後ろに通したり、コード収納用具を使い、手の届かない位置に纏めておくのがベスト。 噛み付き防止剤をつけておくのも手です。
階段
階段を通らせる場合は、滑り止め階段マットをオススメします。 しかし小型犬や胴長の犬種は、足腰の負担がかかるので、なるべくなら階段の登り降りさせないのが無難です。 そういったコが階段を利用する際には飼い主さんが一緒に登り降りしましょう。
玄関先
飛びつき癖のある愛犬の場合、まずは治す躾が必要ですが、(お客様などのことを考え)玄関に飛び出し防止のために柵を設置するのも一つの方法です。
窓辺
愛犬の性格によっては、窓辺を通るものに吠えてしまうコもいます。まずは吠え癖を治す躾が必要ですが、程度が甚だしい場合は目隠し用シートも効果的です。
網戸
サッシ網戸を開ける方法を覚えて開けて出ていってしまうコや、破って出ていってしまうコなど色々です。 もし出ていってほしくない場合はサッシ用ストッパーを活用しましょう。 網戸を引っ掻かれすぐボロボロになってしまう…という方は、防虫機能付きのペット用網戸をご検討ください。 網戸から出ていっても構わないが、開けっ放しでは困る・という方は網戸用ペットドアなどがオススメです。
部屋のドア
ドアを開けっ放しにしておくときは、犬が挟まれないようにドアストッパーを付けましょう。 ふとした事で急にドアがしまり、犬猫が足や尻尾を挟んでしまうことが多々あるためです 可能であれば、ドアに穴を開けてペット専用のペットドアをつけることもできますが、材質や条件にもよりますので、取り付けには注意が必要です。 躾ができてきたら、体温調節・ストレス対策のために、なるべく自由に行き来できるようにするのが理想的。
フローリング・板の間
フロリーングの板床は、滑りやすく足腰や関節に負担をかけるため、カーペットやマット敷きがオススメです。 その際は、爪がひっかからない毛足の短いタイプのマット・カーペットをお選びください。 1枚40cm四方くらいの滑り止めタイルマットなら、汚れた部分だけ外して洗え交換も楽で、たいへん便利です。
畳の部屋
犬の場合は、畳の部屋での生活はオススメしません。基本的には、畳の部屋は立入禁止にした方が無難です。 猫と違い、爪が出たままのため畳が削れササクレさせてしまいますし、穴を掘る要領で引っ掻いてボロボロにしてしまいます。 また畳の奥でノミ・ダニを繁殖させやすいため、湿温度が高くなる時期になると注意が必要です。
リビング
家族が集まるリビングには、愛犬も一緒にられる場所を。季節に応じて保温マットやクールマットも用意したい。 寝ている時間の多い老犬には、床ズレしにくい厚手の床ずれ防止マットがオススメ。
冬の暖房器具(ストーブなど)
上にヤカンを置けるような石油ストーブ等はサークル等で囲ったり、万が一の事故が起こらないよう注意しましょう。 また人間用のホットカーペットでの低温火傷にも注意してあげてください。
ペットのトイレ
最初のうち、トイレの躾ができてない間は、ベッドハウス・クレートの近くに置いて、排泄をしたらすぐに処理するよう心がけましょう。 犬猫ペットがトイレを認識するポイントは、場所と足元の感覚ですから、トイレはあちこち動かさないのが基本。 お風呂場などの水まわりにトイレを置くと、臭いも気にならず掃除もしやすいので楽ですが、その場合は、まずトイレマナーを完全にマスターしてから1日数センチずつ動かしていくのが良いでしょう。 仔犬のうちはハウスの近くに置き、トイレを完全に覚えてから移動・が基本です。
ペットのクレート・ハウス・ベッド
愛犬が自分で入って眠ったり、リラックスする場所として、室内犬にもハウスは必要になります。 設置場所は、家族の目が行き届くリビングの壁際が最適。 人通りの多い入口付近や、直接冷風・温風がかかるエアコンの真下、直射日光の場所は避けてあげてください。 またベッドにタオルを敷く飼い主さんも多いですが、タオルは滑りやすく、ループ状の繊維に爪が引っかかる原因にもなるので避けた方が無難です。 ベッドやケージに敷く中敷きとしてはペット用のブランケット等をオススメします。

まず大切なのは片付けとお掃除!

輪ゴムやクリップ、アクセサリーなど仔犬が飲み込みそうな小さな物や、タバコ、薬品、洗剤などの危険なものは 別の部屋に移動するか、高い場所に置いておきましょう。 動かせない家具や電気コードなどには、しつけ剤などを塗り、齧られないようにしておきましょう。 仔犬に限ったことではないが、戌のいる家庭は部屋に余計なものを置かないのが基本。 必要な小物類は仔犬が届かない所に置こう。また部屋はこまめに掃除して、清潔を保つこと。

商品カテゴリー