犬・猫のためのフローリング・階段の滑り止め対策

「ちょっとの踏ん張りがきかない」そんな毎日の床上歩行の積み重ねが、少しずつペットの足腰を蝕みます

ペットの室内歩行チェック

  • 室内飼いで、部屋の多くがフローリング床である
  • 床上で足が空回ったり、滑っている様子をよく見る
  • 室内で転倒事故を起こしたことがある
  • よく脱臼する(脱臼癖がついている)
  • 後足を浮かせ気味に前足のめりで爪先立ちで歩く

四肢関節・脊椎のトラブル原因は、毎日気づかないうちに蓄積していきます。

ツルツル滑る板の間の床とペットの肉球 フローリング床で、ワンちゃんの足元が滑ったり足が空回りしている姿を見たことはありますか? 人間にはなんて事ない床板であっても、足の裏の構造が異なるワンちゃんは床上で一歩一歩きちんと踏みとどまることができまず、小さな転倒を重ねています。 何気ない光景に見えて、滑ったり転んでしまった時の衝撃は体内に溜まっていき、ある日突然病院のお世話になるなんてこともあるかもしれません。なにより滑りやすい環境で暮らすことは、犬の筋肉や骨格の成長を妨げることになります。とくに1歳未満の足も腰も発達中・育ち盛りのワンちゃんをフローリング床がある室内で飼っている方は、滑り止めに気を付けねばなりません。

ドキッ!意外と多い室内犬の関節トラブル。

ペットがなりやすい骨や関節のトラブル
股関節形成不全骨盤と大腿骨が噛み合わず関節が外れたり、外れそうな状態になります。比較的、大型犬に発症しやすいのが特徴。先天的な骨の発育異常によって起こる事が殆どですが、生活環境が要因で起こることもあります。
脊椎版ヘルニア急激な運動や骨の老化によって、脊椎の椎間板への負担が大きくなって損傷することで起こります。ダックスフンド、コーギー、シー・ズー、パグ、プードルなど足が短い(胴が長い)ペットは要注意。
膝蓋骨脱臼膝の脱臼ですが、膝蓋骨が内側にずれる内方脱臼(ヨークシャー・テリア、ポメラニアン、トイ・プードル、シー・ズー、チワワなどの小型犬種がなりやすい)と、外側にずれる外方脱臼(大型犬がなりやすい)にわかれます。

トイプードルやチワワといったヒザの弱い小型犬種、また股関節の弱いラブラドール・レトリバーやフレンチブルドッグ犬種は、ふとしたことで膝や関節のトラブルに遭いがちです。また、ダックスフンドやコーギーなど胴の長い犬種の場合も要注意。 そういった「素質」のあるワンちゃんが、滑りやすい室内での生活を続けることで、知らないうちに足腰への負担を負うことになります。

冒頭のチェック項目「後ろ足を浮かせて前のめりで爪先立ち」というのは、脱臼が癖になってしまったワンちゃんが後ろ足を庇うため無意識のうちにとりやすい姿勢です。 脱臼など気づかないうちに何処かの不調をかばうために、何処かを無理させてしまいがち。オーナーさんの日頃の歩き方の様子などで「?」と思う前に、早めの対応を心がけましょう

室内飼いのワンちゃんのために、お家でできること。

愛犬の足腰に負担をかけないためのお部屋造りの手段は色々です。大掛かりなリフォームをお考えなら床材を変えたりするのも良いでしょう。ただそういった費用がかかる手段の他にも、手軽に始められる滑り止め対策はあります。

  • ペット用滑り止めワックスを塗布する ペット用滑り止めワックス DYI感覚で自分で施工できる滑り止めワックス 床そのもののの美観・保護を考えるなら、ペット用滑り止めワックス・滑り止め効果のあるコート剤。多くの品は日曜大工の感覚で施工できるものばかりですが、完全に塗布するために半日から2日かかり、また家具を移動させたり、養生テープで塗布しない部分を保護する等の作業が必要となります。
    メリット
    フローリング全体を美しく強化・保護できます。
    オシッコ等のペットの粗相にも対応しています。
    デメリット
    半日以上の塗布する作業が必要。またキレイに仕上げるためには若干の慣れも必要です。
  • ペット用滑り止めマット・カーペットを敷く ペット用滑り止めマット・カーペット お部屋や用途に合せて滑り止め用マット ワックスやコート剤のようにフロア全体に施工する必要のない、限られたスペース内を滑り止めしたい場合はカーペットやタイルマットがお勧めです。直に板間を踏ませずクッションとして作用し、毎日かかる足腰関節への負担を軽減させます。汚れたものを洗濯して取り替える事ができます。
    メリット
    限られたスペースだけに使うことができ、汚れたら洗ったり買い替えたりすることができます。
    デメリット
    お部屋の大きさや形をまず採寸し、商品を選択した上で(必要があれば)鋏などのカットが必要です。
  • 滑り止めコルクマットを敷く 滑り止めコルクマット 衝撃吸収性・防音効果に優れたコルクマット 夏は涼しく、冬は暖かく、を実現したいならコルクマットもお勧めです。保温効果の他に、防音効果もありますからペットの泣き声など気になる場合は最適。もちろんコルクの厚みがクッションとなって衝撃を吸収してくれますから、ペットの足腰への負担も少ないもので済みます。
    メリット
    優れたクッション性だけでなく保温効果・防音効果も期待でき、肌触りも素朴。昔ながらの天然素材。
    デメリット
    お部屋の大きさや形をまず採寸し、(必要があれば)鋏などのカットが必要。価格は少し高めです。

商品カテゴリー