処理時間: 0.005秒

高齢犬用ドッグフード

ホーム > 犬用品 > ドッグフード > 高齢犬用ドッグフード

一般的に7歳以上になった愛犬には、高齢犬・シニア用のフードに徐々に切り替えていくことをお勧めします。食事の基本は、バランスとカロリー。高齢になるとどうしても代謝が落ち、運動量も減ってしまうため、成犬期と同じようには考えられません。手作りフードも良いものですが、市販のフードはカロリーコントロールのしやすさと与えやすさが特徴です。高齢犬用フードは総じて低カロリー低脂肪。高齢であるという以外でも、去勢や避妊手術をうけ太りやすくなってしまった愛犬の体重コントロールにも有用です。

老齢化とともに歯が弱ってきた場合は、食欲はあっても硬いドライフードを食べにくそうにすることも多くなってきます。そういった場合は、少しスープやお湯を加えてふやかし柔らかくして与えるのもお勧め。硬さだけでなく、そもそも食欲がなくなった…というコには、缶詰ウェットタイプのフードを温め、フードの香りが出るようにすれば食欲を刺激し食べやすくなります。

ただいま0件の商品がございます。

現在、商品はございません。

処理時間: 0.005秒
処理時間: 0.080秒